<

運送約款

条件

  1. 本書の中で使用されている用語は下記の様に定義します。:

    • 航空券-この契約の一部をなす旅客の切符及び手荷物切符、又はEチケットの場合にはこの旅程表/領収書。
    • 運送-「輸送」と同義語であり、「運送人」とは航空運送人をいい、この航空券により旅客若しくは手荷物を運送し、または当該航空運送に付随するその他の業務を行い、もしくはそれを引受けるすべての航空運送人を含みます。
    • Eチケット-運送人又は運送人の代理人によって発行される旅程表/領収書・電子用片、搭乗用片をいいます。
    • ワルソー条約-1929年10月12日にワルソーで署名された国際航空運送についてのある規則の統一に関する条約、または1955年9月28日にヘーグで改正されたワルソー条約のうち、いずれか適用するものをいいます。
  2. この航空券による運送は、ワルソー条約で定義された「国際運送」でない場合を除き、ワルソー条約に定める責任に関する規定及び制限の適用を受けます。「国内運送」の場合は、運送人の責任に対し、ロシア連邦の航空法が適用されます。
  3. 上記と抵触しない範囲内において各運送人が行なう運送及びその他の業務は、 (i) この航空券に記載された規定、(ii) 適用タリフ、(iii) この契約条件の一部をなす、運送人の運送約款及び関係規則(これらは要求に応じて運送人のオフィスで確認できます)の適用を受けます。ただし、アメリカ合衆国又はカナダのある地点とその国外の地点との間の輸送にはそれらの国で有効なタリフが適用されます。
  4. 運送人の名称は航空券面に略記されることがあります。運送人の正式名称およびその略号は運送人のタリフ、運送約款、規則又は時刻表に記載されています。運送人の住所は、この航空券面上の運送人の最初の名称略号の反対側に記載されている出発空港とします。予定寄航地は、旅客の旅程上の予定寄航地としてこの航空券に記載され又は運送人の時刻表に示されている寄航地とします。この航空券により2社以上の運送人が相次いで行なう運送は、単一の取扱とします。
  5. 他の航空運送人の路線の運送の為に航空券を発行する航空運送人は、当該地の航空運送人の代理人としてのみ、これらの行為をします。
  6. 運送人の責任の排除又は制限に関する一切の規定は、運送人の代理人、被用者及び代表者、並びに運送の為に運送人が使用する航空機の保有者並びにその代理人、被用者及び代表者にも適用します。
  7. 運送人の責任に関する出訴期限(国際輸送の場合)。国際輸送として運送される手荷物に毀損があった場合には、異議は毀損の発見後直ちに、遅くともその受取りの日から7日以内に当該手荷物の引渡を受ける権利を有する人が運送人に対して書面でなされなければなりません。手荷物遅延の場合には、異議はその手荷物が引渡された日から21日以内になされなければなりません。上記通知を基に損害賠償請求書が発行されます。手荷物が紛失された場合、運送人に対する異議は、当該飛行機が目的地に到着したまたは到着した筈の日、または航空運送が中止された日から18ヶ月以内になさらなければなりません。

運送人の責任に関する出訴期限(国内輸送の場合)。国内輸送の場合、運送人に対する異議は6ヶ月以内になさらなければなりません。適用法:ロシア連邦の航空法、第126,127条。

受託手荷物の引渡、保管、追跡調査は、2007年6月28日付ロシア連邦運輸省令第82「旅客・手荷物・貨物の航空運送の総合規則及び旅客・荷送人・貨物受取人に対するサービス要求」の第12及び13条の条項により定めます。  

  1. この航空券の有効期限は、運送人のタリフ、運送約款又は関連規則に別段の定めのある場合を除き、発行日から1年間です。
  2. ワルソー条約第3条に定められるとおり、航空券(Eチケット含む)は旅客と航空会社の間に輸送契約が締結されたことの証明となります。航空券を購入した時点で、この契約条件に同意したものと見なされます。旅客は、旅程の一部で、予約した座席を使用しなかった場合、契約条件の変更について航空会社に通知し、以降の旅程を続行する意志を表示しなければなりません。そのため、旅客は航空券を予約した代理店またはアエロフロートのオフィスに連絡し、当該予約に必要な情報を入力しなければなりません。上記を行わない場合、予約システムは自動的に「無断キャンセル」と判断して、以降の旅程をキャンセルすることがあります(ロシア連邦航空法第2章27条、第5章75条に基づく)。
  3. ・運送人は、合理的な範囲内で旅客及び手荷物を運送するために最善の努力を払うようにします。時刻表その他に示されている時刻は保証されたものではなく、また、この契約の一部をなすものではありません。

運送人は予告なしに運送人を他の運送人に変更し、また航空機を変更することができます。また航空保安上の問題に必要な場合あるいは航行中の安全を期すために必要な場合や、国家機関の権限に基づく指示に必要な場合には、この航空券に示されている寄航地を変更又は省略することができます。  

スケジュールは予告なしに変更される可能性がありますが、運送人は当契約を締結した旅客に対し、あらゆる方法を使って事前に通知するよう最大の努力を払います。 

旅客が航空券予約時に連絡先(電話番号、Eメールアドレス等)を提供しない場合、運送人は旅客に対し、時刻表の変更、出発・到着空港の変更、欠航その他運航便のあらゆる変更について連絡する義務を負いません。また旅客が提供した電話番号(およびEメールアドレス等)に連絡しても旅客に連絡がつかない場合、または旅客が提供した連絡先情報が誤っていた場合も同様とします。上記に該当する場合、旅客に連絡が取れなかったことに起因する損害について、運送人は責を負いません。

乗り継ぎを伴う旅程が2枚の航空券に分けて発券されている場合、運送人は接続便に対し一切責任を負いません。

  1. 旅客は官公庁の求める要請に従うものとし、出入国書類その他の必要書類を提示しなければなりません。運送人が指定する時刻までに、または時刻を特に指定していないときは、搭乗手続きを完了できるよう十分な余裕をもって空港に到着しなければなりません。

酩酊状態にある旅客、重度の低血圧・高血圧状態にある旅客は、旅客自身および他の旅客の安全を妨げる恐れがある康状態にある、あるいは機内の秩序を乱し他の旅客に危害を及ぼす恐れがある旅客と見なされます。

運送人の代表者が、旅客は上記に述べたいずれかの状態に該当すると判断した場合、運送人は旅客に対し検査を受けるよう求めることが出来ます。また旅客は指定された検査を受けなければなりません。

  1. オーロラ航空の航空券を予約時には、旅客の個人情報の提供が必要です。提供された個人情報は、Sirena Travel社のグローバルシステムを使用して、処理します。
  2. 旅客が予約をキャンセルしたい場合は、本人またはその代理人は、下記の方法のいずれかを利用し、旅客の都合による運送契約解除に関し、運送人に通知しなければなりません:

    1. ロシア国内または海外における株式会社オーロラ航空のオフィス、支店、代理店で予約・購入の場合:

      • 旅客またはその代理人は、航空券の購入場所において、身分証明書または代理人の権限を証明する書類(原本)のご提示の上、 所定の申請書を提出し、同時に航空券の払戻し手続きを行わなければなりません;
      • 航空券の購入場所を訪れることができない場合、旅客またはその代理人は株式会社アエロフロート・ロシア航空の予約課、支店、代理店において身分証明書または代理人の権限を証明する書類(原本)のご提示の上、航空券の有効期限中に航空券の購入場所で航空券の払戻し手続きを行うための所定の申請書,を提出しなければなりません。
    2. 株式会社オーロラ航空のウェブサイトで予約・購入の場合:

      • 旅客またはその代理人は、予約・情報センターに問い合わせし、同時に航空券の払戻し手続きを行わなければなりません;
      • 旅客またはその代理人は株式会社オーロラ航空のオフィス、支店、代理店において身分証明書または代理人の権限を証明する書類のご提示の上、同時に航空券の払戻し手続きを行わなければなりません
    3. 代理店ネットワークで予約・購入の場合:

      • 旅客またはその代理人は航空券の購入場所にて航空券の払戻し手続きを行わなければなりません;
      • 航空券の購入場所を訪れることができない場合、旅客またはその代理人は株式会社オーロラ航空のオフィス、支店、代理店において身分証明書または代理人の権限を証明する書類(原本)のご提示の上、航空券の有効期限中に航空券の購入場所で航空券の払戻し手続きを行うための所定の申請書,を提出しなければなりません。
    4. 旅客またはその代理人から郵送された通知書:この通知書は株式会社オーロラ航空宛に書留で郵送され、公証人による認証された旅客またはその代理人の署名が記載された所定の申請書、身分証明書のコピーも添付されます。予約キャンセル日は、株式会社オーロラ航空が上記の全ての書類を受理した日とします。上記の書類は、予約キャンセル手続き、代理店・オフィス・支店に対する払戻し要請を行うために、販売部門の担当課に渡されます。

      キャンセル対象となる航空券の支払いが法人により行われた場合、上記の購入場所と関係なく、旅客本人によるキャンセル手続き以外に、会計士または社長(またはその権限を持つ者)及び当該法人の社印により承認された委任状の原本を提示しなければなりません。

      旅客またはその代理人が航空券の購入場所を訪れない場合は、運送人はその航空券の払戻しに対し、苦情手続きを得て処理を行います。

  3. 出発地がロシア国内(またはユーラシア関税同盟の領域外)で、到着地がユーラシア関税同盟の領域外(またはロシア国内)で、ロシア出入国地点で乗り継ぎを行う場合、輸送が認められた受託手荷物に対して、ユーラシア関税同盟の税関法に基づく書面による税関申告の対象となる物品が含まれていない限り、簡略化された手続が適用されます。

    乗客がロシア連邦法に基づく書面による税関申告の対象となる物品を輸送される場合、航空会社はその荷物を乗継地までお預かりします。乗客は乗継地で荷物を受け取ってから、ロシア連邦及びユーラシア関税同盟の税関法に定められる所定手続きを行わなければなりません。

    乗り継ぎされる乗客は上記の手続きが適用されても、下記の規則も適用されます:

    • ユーラシア関税同盟及びロシア連邦の税関法のその他条項を遵守すること;
    • ユーラシア関税同盟及びロシア連邦の税関法違反に対する責任を負うこと。

    乗り継ぎを行う乗客の責任は、2014年7月10日付けのロシア政府決定第637号により定められています。

  4. 運送人の代理人、被用者又は代表者は、この運送契約のいかなる規定をも変更および破棄する権限を有しません。
Заказ звонка

*
*
*
CAPTCHA
CAPTCHA
Type the letters you see on the picture*