<

武器

武器の輸送に関するオーロラ航空の規則

㈱オーロラ航空が運航する便の予約およびチェックインを行う際、搭乗客は武器を手荷物として持ち込む場合、その旨を通知しなければなりません。

武器を持ち込む搭乗客は、チェックインのため出発時刻の1時間半前までに空港へ到着しなければなりません。そうでなければ、航空会社は武器の持ち込みを拒否する場合があります。

ロシア国内線で武器を輸送する搭乗客は、武器の保有と所持を証明する許可書の提示が必要です。

ロシア発着の国際線で武器を輸送する搭乗客は、ロシア経由の乗り継ぎ便て武器を輸送する搭乗客は、内務省の公認機関が発行した武器輸出入許可証の提示が必要です。

ロシア各都市で乗り継ぎをする搭乗客は、乗り継ぎ空港で再手続きを行う必要があります。

「武器に関する」法律に従い、外国人は:

  • 狩猟許可証を有する法人組織からの招待状やその法人組織との狩猟契約書がある、またはスポーツ大会参加への招待状があり、それぞれ内務省からの許可を得ている場合は、狩猟用武器やスポーツ用武器をロシア国内に持ち込むことが許可されています。
  • 護身用の武器、他人の人命と健康、財産の保護、物品の護送、ここに記載されていないその他の目的のための武器を、種類、バージョン、モデルを問わずロシア連邦に持ち込むことはできません。ただし、ロシア連邦の国際条約で別途規定されている場合を除きます。

武器は、出発空港にて飛行中の一時的預かりのために引き渡さなければならず、目的地空港で所有者に返されます。

レプリカの武器(ピストル、リボルバー、ライフル、カービン銃、機関銃、電撃器など)を客室に持ち込んで輸送することはできません。

レプリカの武器は受託手荷物としてのみ輸送することができます。

武器は、充填されておらず、お客様に用意され武器の安全性と保護に関する要件を満たす梱包(カバー、ホルスター、特別容器、ケースなど)に格納されている場合のみ輸送が可能です。銃器と弾薬は、別々の容器に格納しなければなりません。

輸送する弾薬の重量は搭乗客1人につき5kgを過えてはなりません。

ガス兵器用のカートリッジシェルは航空輸送できません。

ジュール値が3ジュールを超えるエアガンは民間武器と分類されており(武器に関する法律の第3条)、その他の武器の輸送手続きに従って輸送するものとします。ジュール値が7.5ジュール、および口径が4.5mmを超えるエアガンの輸送には銃器ライセンスが必要です(武器に関する法律の第13条)。

ロシア製の電撃器および火花放電器は民間武器として分類されており(武器に関する法律の第3条)、その他の武器の輸送手続きに従って輸送するものとします。電撃器を輸送する搭乗客は、技術仕様が記載されている書類を提供しなければなりません。内務省担当者はこの書類を使い、輸送する機器の出力パラメータがロシア連邦の国家基準で定められたパラメータに適合するかどうか確認します。ロシア国外で製造された電撃器の流通は禁止されています(武器に関する法律の第6条)。従ってその輸送も禁止されています。

武器一式(または複数の武器を収納した1つのケース)と弾薬1包を無料受託手荷物に含むことが可能です。但し、それは、お客様のその他荷物を合わせての重量が 許容量.を超過していない場合に限ります。そうでない場合は、武器と弾薬は無料受託手荷物1個として見なされます。無料手荷物1個として見なされた武器と弾薬の重量が、 許容量 を超過している場合、または武器と弾薬を含む手荷物の個数が超過している場合は、所定の 超過料金 をお支払いただきます。

Заказ звонка

*
*
*
CAPTCHA
CAPTCHA
Type the letters you see on the picture*