<

情報

機内での電子機器ご利用に関する規則


航空機の操作装置やシステムに支障を及ぼさないようにするため、飛行中の電子機器の使用に関する規則をよくお読みください。

スマートフォンまたはタブレットは離着陸時でも電源を切る必要はありません。セルフモード(機内モード、フライトモード)に切り替えるか、通信機能をオフにしていただくだけで結構です。


ご利用可能な機器

GSM、Wi-Fi、Bluetoothといった無線通信を行わない電子機器、補聴器、心臓ペースメーカー、その他医療目的に必要なポータブル/携帯式機器(航空券の予約段階で航空会社の承認が必須)は、全飛行中ご利用いただけます


ご利用制限のある機器

  • GSM、Wi-Fi、Bluetoothといった無線通信を行う電子機器を機内においてご利用いただける条件:

  • GSM、Wi-Fi、Bluetoothの機能が切られた状態で、セルフモード(機内モード)にされた場合、飛行の全段階*でご利用可能です。

  • Wi-Fi機能が付いている場合、無線エンタテインメントシステムが利用可能な機材では、誘導路移動中、離陸時、上昇および降下、着陸時を除く飛行中に利用が可能です。

*誘導路移動中、離陸時、上昇および降下、着陸の際にはノートパソコン/ネットブックおよび/または重量が1キロ以上の大型電子機器は、電源を切った上で、お手荷物の中に収納しなければなりません。


上記の機器が航空機のナビゲーション装置や無線通信の正常機能に影響を及ぼす疑いがある場合、機長は、飛行の安全を確保するために、飛行が終了するまで補聴器、ペースメーカーなど生命機能維持装置を除く、全ての電子機器のご使用の中止を要求する権利を有します。


目的空港に到着して航空機のドアが開かれた後、機器を通常モードに切り替えいただけます。

ご利用禁止の電子機器

衛星電話、ラジオ受信機、送信機、携帯型トランシーバー(ウォーキートーキー)、携帯型テレビ、アマチュア無線機、携帯型送受信ステーション、リモコン操作可能なデバイス/おもちゃ、無線マイクを含む無線通信を行う送受信機は、ご利用が禁止されています。


お持ちの機器から音が出る場合には、イヤフォンをご利用いただかなければなりません。
Заказ звонка

*
*
*
CAPTCHA
CAPTCHA
Type the letters you see on the picture*