<

情報

武器の輸送

オーロラ航空のフライトにおける武器の輸送規則

手荷物として武器をお持ち運びの方は、オーロラ航空の便のご予約およびチェックインの際に、その旨をお知らせいただかなければなりません。

武器を輸送されるお客様は、フライトの出発時刻の1時間半前までにチェックインしなければなりません。この条件を満たされなかった場合には、運送業者に搭乗を拒否されることがございます。

ロシア連邦内で武器の輸送をされるお客様は、その武器の保管・携帯許可をお持ちでなければなりません。

ロシア連邦へ/から武器を持ち込み/持ち出し、並びにロシア連邦を経由して輸送する乗客は、内務省属の機関によって発行された武器の持ち込み/持ち出し許可書を所持していなければなりません。

ロシア連邦内で乗り継ぎをする、武器を輸送されるトランジットのお客様は、お乗り継ぎの空港で再チェックイン手続きを受けなければなりません。

「武器に関する」法に従い、外国籍保有者は、

  • 狩猟ライセンスを取得している法人からの招聘書、指定法人との狩猟契約書、または射撃競技の参加者招待状および内務省に発行された当該許可書をお持ちの場合のみ、ロシア連邦国内へのスポーツ・狩猟用の武器の持ち込みが可能です。
  • ロシア連邦が交わした個別の国際条約によって特に認められていない場合、個人の安全、他人の生命、健康、所有物の保護、貨物の護衛、その他上記で掲げていないいかなる目的であっても、あらゆる種類、タイプ、モデルの武器もロシア連邦の領土内への持ち込み、および領土内での使用は禁止されています。

武器はご出発の空港で飛行中の間、一時的に預けられなければならず、目的地の空港で所有者に返却されます。

ピストル、回転式拳銃、ライフル、カービン、アサルトライフル、スタンガン等の武器模型や模造品を客室で輸送することは禁止されています。

武器の模造品の輸送は預け入れ手荷物のみで行うことができます。

輸送をお引き受けできるのは、弾を抜いた状態にされ、安全性および保存性の要件を満たすカバー、ホルスター、特別な容器、ケース、サック等に梱包された武器のみです。この際、武器と弾薬は別々に梱包しなければなりません。

ロシア連邦国籍者は、内務機関の許可に従い、武器を5丁まで持ち運ぶ権利を有します。

乗客1名あたりの弾薬の総重量は5キロ、総個数は1,000個を超過してはなりません。

ガスピストルの弾薬は、航空運送が禁止されています。

マズルエネルギーが3ジュール以上の空気銃は、「武器に関する」法第3条の規定に従い民間武器と分類され、その他の武器に対する手順で運送されます。マズルエネルギーが7.5ジュール以上で、口径が4.5ミリ―以上の空気銃を運送するには、「武器に関する」法第13条の規定に従い武器の保管・携帯許可が必須となります。

ロシア製のスタンガンおよびスパークギャップは、「武器に関する」法第3条の規定に従い民間武器と分類され、その他の武器に対する手順で運送されます。スタンガンを持ち運ぶ際には、内務省職員がそのスタンガンの仕様のロシア連邦で定められている国家基準に適合しているかを確認できるように、スタンガンの仕様書を携行しなければなりません。「武器に関する」法第6条の規定に従い、ロシア連邦領域外で生産されたスタンガンの流通は禁止されており、従ってその運送も禁止されています。

武器およびその弾薬は、武器1丁からなる手荷物1個(または乗客1名が持ち運ぶ複数の武器が入っている武器運搬用コンテナ1個)および弾薬が入っている手荷物1個をなす場合、同乗客の他のいずれかの手荷物と合わせて手荷物許容量を超過しない限り、個別の手荷物とはみなされていません。逆の場合、無料手荷物の許容量に含まれる1個の手荷物とみなされます。1個とみなされた武器およびその弾薬が入っている手荷物が1個の手荷物許容量を超過する場合および、乗客1名の合計手荷物(1個とみなされた武器およびその弾薬が入っている手荷物を含む)が航空券に記載されている許容量を超過する場合、追加料金が発生します。

Заказ звонка

*
*
*
CAPTCHA
CAPTCHA
Type the letters you see on the picture*